肌が乾燥気味に|更年期障害 症状と対処法

更年期障害のときこそ肌のお手入れを

40歳を過ぎた頃から女性は更年期障害のことが気になり始めます。
更年期にはホルモンのバランスが乱れて様々な症状をおこし、それを更年期障害といいますが乾燥気味になるのもその特徴です。
更年期障害の症状が現れるとなんとなく気持ちが憂鬱になってしまいお肌の手入れまで気を配ることが難しいかもしれません。
ですがそんなときこそ肌のお手入れが重要なのです。
肌というのは更年期障害に関わらず年齢と共に老化します。
角質に含まれる水分が減少し、さらに更年期障害であるとその残っている水分やコラーゲンを保つことができなくなります。
また肌の乾燥は紫外線の影響も受けやすいため注意しなければいけません。
紫外線は家の中でも浴びているのですが更年期障害の症状の乾燥肌であるとその紫外線を浴びやすくなります。
少し外に出ただけとか、家の中にいるだけでもいつのまにか日に焼けたということが多くなります。
ですから更年期障害のときこそ肌のお手入れを十分にしましょう。
乾燥肌になってしまうために潤いを補給することがまずは大切です。
化粧水や乳液をたっぷり使って肌の水分を補ってあげましょう。
また食事だけでは補えない栄養分はサプリメントが便利です。
エッセンシャルオイルを使ったお手入れはアロマ効果があり更年期障害のストレスをも取り除いてくれることでしょう。
女性はいくつになっても美しくいたいものです。
こんなときこそ肌のお手入れを兼ねてリフレッシュしましょう。

 

肌が乾燥気味に関連エントリー

食生活と更年期障害
食生活を見直すことは更年期障害の症状を和らげ、更年期障害そのものを予防することにもつながります。
更年期障害によるめまい
更年期障害の様々症状の中でめまいを訴える場合があります。めまいは更年期障害の代表的な症状です。
更年期障害によるのぼせやほてり
のぼせやほてりは更年期障害の典型的な症状。ホルモンバランスが崩れることにより自律神経の乱れがおき、それが影響していると言われています。
骨粗鬆症と更年期障害
骨粗しょう症は骨折に限らず、骨性の痛みや骨の変形などを伴い、普段の生活に支障がでます。
針治療と更年期障害
針治療は更年期障害の症状を抑え、体のバランスをよくして全身の気の流れを改善し、体調も整えてくれます。
更年期障害による冷え
更年期障害の典型的な症状のひとつに冷えがあります。冷えは他の症状、のぼせなどを引き起こします。
更年期障害に見られる精神的な症状
精神的な症状は身体にまでも影響を及ぼし、呼吸器官や消化器官などの疾患になったり、心理的な事から心身症になるケースもあります。
更年期障害による動悸
更年期障害は自律神経のバランスが崩れ、交感神経と副交感神経に影響を及ぼし心臓の拍動に乱れを生じることがあります。
高脂血症と更年期障害
高脂血症と更年期障害の関係は、はっきりとした結論はでていませんが、エストロゲンが多いにかかわっていることは事実のようです。